© 2018 by SURFROCK INTERNATIONAL, INC. 

Riverboat Gamblers

Please reload

過激でパワフルなライブ(骨折、歯折は日常茶飯事)で知られる、Volcom Entertainmentレーベルが実力派パンクバンド。 パンクを軸に幅広いロック、絶妙にミックスされたハードかつメロディアスな楽曲とエネルギッシュなライブで、アメリカ他、ヨーロッパ、イギリス、カナダなどでも大人気。 テキサス州 デントンで1997年の結成され、現在はオースティンを拠点に活動。バンドメンバーは、マイク・ウィービ(Vo), フレディ・カストロ(G), イアン・マクドウガル(G),エリック・グリーン(Dr), ロブ・マーチャント(B)の5人組。現在までにEP及びアルバムを3枚リリースしており、今作は4作目のアルバムとなる。2004年にヨーロッパツアーを決行、その後2005年にフロッギング・モーリーのツアーの前座とて全米ツアーを行う。2006年4月に発売された、前作『To the Confusion of Our Enemies』は アンドリュー・マードック( アヴェンジド・セヴンフォールド, アリス・クーパーなど )がプロディースとミキシングを手がける。ペッパーなどで知られる、Volcom Entertainmentとのレコード契約が決まり、アルバムはメディアから大絶賛された。ワープドツアーに参加する事により、アメリカのキッズから更なるサポートを受ける。その後も、X、ローリンズ・バンド, ジョアン・ジェット、デッド・トゥ・ミー などとツアーを行い、スピン・マガジン誌のベスト・ライヴバンドTop25ランキングで、メジャーバンドに混じり、15位にランクイン。ローリング・ストーン誌では、SXSW参加バンドの中で、2006年最も注目(ブレイク間近)バンドのトップ5に選ばれる。2007年のアゲインスト・ミー !とのツアー後、LAにてレコーディングに入り、約1ケ月間スタジオにカンヅメ状態で収録され、完成したのが待望の最新アルバム『アンダーニース・ジ・オウル』。前作同様、アンドリュー・マードックがプロデュースを手がける。現在までにアメリカ以外にオーストラリアでアルバムが発売されており、今後、イギリス、ヨーロッパ、日本でのリリースが決定している。本国でのアルバム発売週にはビルボードのAlternative New Artist Albumsチャートで28位にチャートインする快挙。 2009年2月にオーストラリアで行われた、サウンドウェーブ・フェスティバルに出演し、4月にアメリカ東海岸ツアーを開始。2009年夏にはライズ・アゲインスト, ランシドとの アリーナクラス の全米、カナダツアーも決定している。結成12年目にしてブレイク寸前。大物になり得るバンドが遂に日本登場する!

Mike Wiebe--Vocals
Fadi El-Assad--Guitar/Vocals
Ian MacDougall--Guitar/Vocals
Rob Marchant--Bass/Vocals
Ian Walling-- Drums

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon