Culver City Dub Collective アーカイヴ

ベン・ハーパー、ジャック・ジョンソン、他、超豪華ゲスト参加作品『DOS』発売!

空間を彩るお洒落なダブ・コレクション
ジャック・ジョンソンのドラマー、アダム・トポールのサイド・プロジェクトに超豪華ゲストが参加!

newspic_080926_5.jpg

10月15日発売予定
カルバー・シティ・ダブ・コレクティブ、デビュー・アルバム
『DOS』 PCCY-80058
newspic_080926_3.jpg
定価2,310円(税込) 全13曲+ボーナス・トラック1曲収録
ボーナス映像「ノー・モア・マイ・ラヴ」PV収録 解説、歌詞、対訳付

超豪華ゲスト陣 : Ben Harper, Jack Johnson, Money Mark, Winston Jarret, Piers Faccini, Jay Malinowski(Bedouin Soundclash), David Ralicke(Beck), Merlo Podelewski(Dan The Autometer/Jack Johnson), Leon Mobley(Ben Harper), Koool G. Murder(Eels)


『DOS』とはジャマイカン・ルーツ・レゲエにアフロ・キューバン・リズムと西海岸ボッサ・ビートをブレンドしたカルバー・シティ・ダブ・コレクティブ(CCDC)のデビュー・アルバム。CCDCとはジャック・ジョンソンのドラマー、アダム・トポールと、エンジニアやギタリストとして活躍するフランコット・トーン(祖父が米巨大メディア会社MGMの創始者)のプロジェクト。二人のコネクションを駆使した超豪華ゲスト陣が集合。ベンがワイゼンボーンで、ジャックがヴォーカル&ギターで参加。他にも元ビースティ・ボーイズのマニー・マークやジャマイカン・レゲエの老舗Studio Oneよりウィンストン・ジャレット、ジャックの子分マット・コスタ、シェリル・クロウなどとの共演で知られるピアニスト・シンガー、クリス・ジョイナー、ベドウィン・サウンドクラッシュのジェイ、仏の実力派シンガー、ピアース・ファッチーニがヴォーカルを聴かせる。他にもBeckのホーン・プレイヤー、デビッド・ラリック、ダン・ジ・オートメーターやジャックのベーシストとして活躍のメルロー、ベンのイノセント・クリミナルズよりリオン、イールズのクールGマーダー他が参加。アメリカでは08年夏、ジャックと共にツアーも行った。来日公演を祈願しながら本作を聴いて欲しい。

newspic_080926_4.jpg
(左:フランコット・トーン 右:アダム・トポール)

posted by SURFROCK 2008年09月26日 10:48 |
RSS/RDF
Back to Page Top