Ash Grunwald アーカイヴ

アッシュ・グランワルド、ケラー・ウィリアムス東京公演の前座決定

孤高のサーファー・ブルースマン、アッシュ・グランワルドが10月17日に日本デビュー・アルバム、『ギヴ・サインズ』をリリース。そして同21日、“ワンマン・ジャムの貴公子”ケラー・ウィリアムス東京公演のオープニング・アクトとしてアッシュがパフォーマンスすることが決定!ワンマン・ブルースのアッシュ、そしてワンマン・ジャムのケラーがクールでグルーヴィーな夜を演出します。

ケラー・ウィリアムス 東京公演

スペシャル・ゲスト: アッシュ・グランワルド
10月21日(日) 代官山Unit
開場18時/開演19時
前売5,800円(入場整理番号付、1ドリンク別)
電話 03-3444-6751(SMASH) 03-5720-9999(Hot Stuff)

主催:Inter FM
協力:Buffalo Records、Surfrock International
総合問合せ:SMASH 03-3444-6751
http://www.smash-jpn.com/index.php 

smash-mobile.com

ケラー・ウィリアムス…ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、そして変幻自在に音色を変える声という5つのパートを全て1人で演奏するマルチ・ミュージシャン。しかもサンプラーやループを使うことによって巧みに音を重ね、レコードのみならず、ステージでもたった1人でジャムをプレイする姿は、ケラー・ウィリアムスが独自で考案・熟練したオリジナルなスタイル。93年にファースト・アルバムをリリースして以来、地元アメリカでは各フェスに引っ張りだこ。たった1人で、数千人から数万人規模のオーディエンスを踊らせる姿は圧巻である。今年2月にリリースしたニュー・アルバム「ドリーム」(LBCY-420)を引っさげ5年振りとなる待望のツアー決定!

アッシュ・グランワルド: 豪州メルボルンで南アフリカ人の父とオーストラリア人の母の間に生まれる。少年の頃からブルースに興味を持ち10代の頃はブルース一筋と言う筋金入り。足元のエフェクター類を駆使したビートや装飾音をベースに、ギターやハーモニカ等で色付けし、そこに渋いボーカルをかぶせるワンマン・バンドのスタイルは、21世紀のニュー・エイジ・ブルースマンと称される。地元豪州ではインディーながら10万枚以上のセールスを本作で記録し、音楽フェスのオオトリを務めるトップ・クラスのアーティストとして大きな人気を誇る。10月17日リリースの日本でビュー・アルバム『ギヴ・サインズ』(PCCY-80045)のプロモーションで他にも福島、千葉、湘南でライヴを行う予定。

posted by SURFROCK 2007年09月26日 20:41 |

アッシュ・グランワルド イベント情報!

日本でのデビュー作品になる『ギブ・サインズ』が10月17日に発売となるアッシュ・グランワルド。
渋谷アップル・ストアでイン・ストアー・イベント決定!
10月21日 1時から1時30分 入場無料
ash


詳細はこちらをクリック

posted by SURFROCK 2007年10月16日 14:11 |

アッシュ・グランワルド ARIA AWARDへノミネート!

エネルギッシュで、魂のこもった驚愕のパフォーマンスで日本のオーディエンスを圧倒し先日オーストラリアへ帰国したばかりのアッシュ・グランワルドが「オーストラリア版グラミー賞」とも言われるARIA AWARDSの“Blues and Roots Album”部門にノミネートされました。

アッシュにとって今回で3度目の同部門でのノミネートとなるが、受賞はまだ1度もない。今年は大ヒットアルバム“Give Signs”を引っ提げてのノミネートとなるため受賞が期待されている。他のノミネートにはJohn Buttler Trio, Xavier Ruddなど計5組。

授賞式は10月28日(日)、シドニーにて。

posted by SURFROCK 2007年10月25日 18:20 |

アッシュ・グランワルド、グリーンルーム・フェスティバル08出演決定!

足元のエフェクター類や自分の座るビート・ボックスを駆使し、
ビートや装飾音を作り出し、そこにギターをかき鳴らしながら歌を綴っていく
驚愕のワンマン・バンドのスタイルを持つブルース・マン、アッシュ・グランワルド
newspic_080217_1.jpg.jpg
(photo by Takahiro Tsuchiya)

グリーンルーム・フェスティバル08にて再来日決定!!

豪州メルボルンで南アフリカ人の父とオーストラリア人の母の間に生まれる。少年の頃からブルースに興味を持ち10代の頃はブルース一筋と言う筋金入り。足元のエフェクター類を駆使したビートや装飾音をベースに、ギターやハーモニカ等で色付けし、そこに渋いボーカルをかぶせるワンマン・バンドのスタイルは、21世紀のニュー・エイジ・ブルースマンと称される。父親譲りのドレッド・ロックスを振り乱し、ステージ上から観客を見渡すその強力で鋭い眼光、そして何よりも“暴走機関車”と称される大迫力のパフォーマンスは、観る者を圧倒し、引き寄せ、いつの間にかトランス状態へと導く。

地元豪州ではインディーながら10万枚以上のセールスを本作で記録し、音楽フェスのオオトリを務めるトップ・クラスのアーティストとして大変な人気を誇っている。07年10月、日本でもようやくデビューを果たす。アルバム『ギヴ・サインズ』をリリースし、プロモーション来日も決行。福島、千葉、湘南、東京(ケラー・ウィリアムス東京公演前座)でライヴを行い日本のオーディエンスはブチ飛ばされた。

今では英国を始めとするヨーロッパ各地でも注目され始め、ヨーロッパ・ツアーも頻繁に行っている。彼の情熱的でソウルフルなパフォーマンスを今年のグリーンルーム・フェスティバルで見逃す手は無い。

グリーンルーム・フェスティバル08 :
5月24日(土)横浜大桟橋ホール/6月1日(日)大阪名村造船上跡地

posted by SURFROCK 2008年02月17日 14:53 |

アッシュいよいよ来日!

newspic_080217_1.jpg.jpg
(photo by Takahiro Tsuchiya)

グリーンルーム・フェスティバル出演のために、アッシュ・グランワルドが再来日します!

Greenroom Festival
http://www.greenroom.jp/

アッシュの演奏スケジュール:
横浜:5/24(土) 17:00~ Blue Stage
大阪:6/1 (日)15:20~ Green Stage


プロモーション・ライブを下記の日程で行います。
横浜2カ所です!ぜひ遊びに来て下さい。

5/26(月)Thumbs Up
詳細:http://stovesyokohama.com/thumbs/

5/30(金)The Road & The Sky
詳細:http://www.theroadandthesky.com/

posted by SURFROCK 2008年05月21日 21:51 |

アッシュUKデビュー、ドノヴァンとUKのサーフィン大会で…

グリーンルーム・フェスティバルで強烈なパフォーマンスを見せたアッシュ・グランワルド。日本から帰国後すぐに西オーストラリア・ツアーを行い、そのまま6週間に及ぶUKツアーを現在まわっている。と言うのも今週6月23日(月)、アッシュは晴れてUKデビューを“Give Sings”のリリースで迎えたのだ

newspic_080626_01.jpg

上はUKの新聞から。“アッシュがドノヴァンと第10回を迎えるUKは北デヴォン州クロイド・ベイで行われるのサーフィン大会、ゴールド・コースト・オーシャン・フェスティバルでパフォーマンスを行う”と言う記事です。

posted by SURFROCK 2008年06月26日 18:36 |

Ash Grunwald ソング・オブ・ジ・イヤー獲得!

現在、Current Swellとカナダツアー真っ最中のアッシュから朗報が入ってきました。

2月12日に行われた、オーストラリアン・ブルース・ミュージック’チェイン’・アワードにて、アッシュの最新アルバムから「Fish Out of Water」が年間最優秀曲に選ばれました!
オーストラリアでは、アッシュの曲がコマーシャルに使われたりと、今年も絶好調な様子です。


The 2008 winners are:

SONG OF THE YEAR

¯ WINNER - 'Fish Out of Water' , Ash Grunwald(Album: Fish Out of Water)

Finalists:

¯'No Love' , Collard Greens & Gravy (Album: Devil in the Woodpile)

¯'Soul Searchin' , Glen Terry (Album: Soul Searchin')

¯'Where Did I Go Wrong' , Kate Meehan, Skip Landy & Peter Gelling (Album: My Sister's Shoes)

posted by SURFROCK 2009年02月20日 15:06 |

Ash Grunwald カナダでチャリティー・ライヴ

カレント・スウェルとのツアーが終わり、昨日オーストラリアへと帰国したアッシュ。
ツアーは大盛況に終わり、カレント・スウェルともとても仲良くなったとの事。サーフィン、ルーツミュージック、お酒と共通点が多いアッシュとカレント・スウェル。ステージではアッシュの曲にカレント・スウェルのメンバーが参加。また近いうちに同じ様なツアーをやるようです。

ツアーの前半にウィスラーでライブを行ったアッシュ。ツアー中にウィスラースキーリゾートの広報担当から連絡があり、アッシュの住むメルボルンでの山火事へのチャリティーコンサートに参加して欲しいとの依頼があった。ツアー終了後、急遽ウィスラーに戻り、2月23日に行われた、チャリティーコンサートに参加。このステージに、飛び入り参加したのが、バケーションでその場に居合わせたINXS!! 

アッシュの家族も今回の山火事で家を失っています...今後もオーストラリアで山火事支援チャリティー・ライヴを行っていくそうです!

アッシュのツアーブログ


カナダツアーでの写真

posted by SURFROCK 2009年02月26日 08:36 |
RSS/RDF
Back to Page Top