2008年09月 アーカイヴ

Chapter 11のベーシスト脱退!!

大人気なロング・ビーチのレゲエバンド、チャプターから残念なお知らせがあります。
バンドの中心となり、マネージャーのようにがんばって来た、ベーシストのデイヴが今週末に行われる、パト・バンタンとのライヴを最後にバンドを脱退します。
全2作のCDのアートワークも手がけ、グラフックデザイナーとして多忙な上、新しいビジネスを始める為にバンドの足を引っ張らないようにとバンドを辞めるを決意したとの連絡がありました。

Chapter11は、今後も変わらず活動して行きます。新しいベースには、元ブレドリン・ダディーズのベーシストが入るとの事です。
また、癌の闘病の為にバンドから離れていた、キーボード・プレイヤーのジョー・チャングがバンド復帰しました! ファースト・アルバムの制作のキー・パーソンだった、ジョーが戻って来た事により、サード・アルバムへの期待は大!

posted by SURFROCK 2008年09月08日 19:21 |

セイント・アルヴィア 来日まで待ちきれない!?

11月に来日が決定した、セイント・アルヴィア・カーテルより、日本のファンにメッセージが届きました! この日はトロントで新しいPVの撮影をしていたとの事で、撮影の合間にこのメッセージを撮ってくれたそうです。そして、挿入歌で彼らの気持ちを表現しているのか... 使われている曲は「ファイナル・カウントダウン!」日本でのデビュー作の発売、初来日と相当、気合いが入っているのが分かります!
来日の詳細は近日、このニュース欄で発表します。

オフィシャル・ウェブサイトがリニューアルされました!
http://www.saintalvia.com/home.html

セイント・アルヴィア、Mixiのコミュニティは下記より:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3530770

posted by SURFROCK 2008年09月09日 18:30 |

ラッチ・キイ・キッド CMに出演!

アメリカの若者の洋服などを扱うデパートのCMにラッチ・キイ・キッドが出演しました!
コカコーラ、カナダの最大手携帯のCMに楽曲が起用され、遂に本人もCMに出てしまいました。


posted by SURFROCK 2008年09月16日 20:26 |

フィッシュボーン推薦盤。ベースレスの2ピース・バンド、デビュー決定!

ファンキーでグルーヴィーなロックが好きならこれを聴け!
フランス人2人組が英語で世界へ呼びかける現代社会への警鐘
ギターとドラムが繰り広げる、うねるファンキー・ロックンロール!

インスペクター・クルーゾ、日本デビュー決定!
newspic_080918_2.jpg

フィッシュボーン、ゲスト参加!
10月15日発売 『ザ・インスペクター・クルーゾ』 PCCY-80057
newspic_080918_1.jpg

Produced by Stephane Kraemer
定価2,310円(税込) 解説、歌詞・対訳付

後日、フィッシュボーンのアンジェロ&ノーウッドの推薦文を掲載します。お楽しみに。

【インスペクター・クルーゾ】
奇跡のフランス産2ピース・ロック・バンド、インスペクター・クルーゾ。メンバーは、ローレント・ラクロウ(Vo. Gu.)と、マシュー・ジョーダン(Dr. Perc. Vo.)の2名のみ。元々フランスを中心にヨーロッパ諸国で活動していたロックバンド、ウルフアンカインドが解散し、インスペクター・クルーゾを結成。活動の場を世界へと広げ、本作をヨーロッパ諸国、アメリカ、オーストラリア、日本にてリリース。ゲスト参加しているフィッシュボーンとの交流は古く、バンドが自ら運営するコンサート・ブッキング会社はフィッシュボーンの世界中の興業を取り仕切っている。往年のファンク、ブルース、ジャズ、R&B、ソウルに影響を受けており、ベースレスでもうねる極上ロック・サウンドを確立した彼らは、世界中の音楽業界で話題となっている。フランス人が英語を使用し世界へ呼びかける現代社会への警鐘は、全く新しいブッ太いグルーヴのファンキー・ロック・サウンドによって世界へ発信される。

posted by SURFROCK 2008年09月18日 13:35 |

ダーティ・ヘッズ コールドプレイのヒット曲をカバー!

来週、アメリカでフル・アルバムがやっと発売になるダーティ・ヘッズ。
コールドプレイの最新ヒットシングルをカバーしました。このビデオの中で、パーカッションとコーラスで参加しているのが、シュガーレイのドラマー、そしてダーティ・ヘッズのアルバムプロディーサーである、スタンです。
アメリカのiTunesでこの曲のダウンロードも始まっています!


そして、彼らの最新ビデオ”Stand Tall" が明日(アメリカ現地時間9月19日)に下記のリンクで解禁になります。このサイトには、最新の写真、ビデオ、ツアー情報など満載です。アメリカでの大ブレイクも秒読み!?
http://www.imeem.com/dirtyheads

サーフロックから発売されたアルバムには収録されていない、新曲が彼らのマイスペースで試聴出来ます!

http://www.myspace.com/dirtyheads

posted by SURFROCK 2008年09月19日 10:10 |

ベドウィンのインタビュー放送! Inter FM ”Lazy Sunday”

サーフロックのアーティストがいつもお世話になっている、ジョージ・カックルさんの番組
"Lazy Sunday"で、ベドウィン・サウンドクラッシュがサマソニで来日した際に収録されたインタビューが9月28日(日)に放送されます。

Inter FM 76.1
Lazy Sunday
毎週日曜日 9:00~13:00
DJ: ジョージ・カックル
Lazy Sunday ウェブサイト

ジョージさんが大好きな,アルバム"ストリート・ゴスペル"からの楽曲もアコースティック演奏しています!

ぜひお聴き下さい!

posted by SURFROCK 2008年09月24日 13:54 |

インスペクター・クルーゾ、Fishboneからのメッセージ pt.1

10月に全世界でアルバム・デビューを果たすインスペクター・クルーゾにフィッシュボーンから応援メッセージが届きました。

第一弾は「Fuck The Bass Player」と言う楽曲に大胆にもフィーチャリングされているフィッシュボーンのベーシスト、ノーウッド・フィッシャー様からのメッセージです。

                    newspic_080926_1.jpg

ベースが居ないけど気にならない。オレが言うのも皮肉っぽいな、何故ならオレはベース・プレイヤーだから。このベースレスのバンド・スタイルに火が着いて世界中に広まっちまったらオレは仕事が無くなっちまうぜ。ザ・インスペクター・クルーゾは超ファンキーでめちゃめちゃパンクなバンドさ。攻撃的だけど踊れる、そしてソフトな部分でも音楽に緊迫感があるんだ。もしかするとそれが南フランスのバンドの伝統なのかな。飾りっ気のない、男っぽいバンドだけど女性オーディエンスも惹きつける魅力があるから楽しい。ダンスの準備はできているかい?これは本物のスリルだぜ。 - Norwood Fisher

次回は、「フィッシュボーン・ソルジャー#1」ことアンジェロ・ムーア先生のお言葉を掲載致します。お楽しみに。

ノーウッドとアンジェロもゲスト参加している注目のデビュー・アルバム『ザ・インスペクター・クルーゾ』は、10月15日発売!
newspic_080926_2.jpg
PCCY-80057 全11曲+ボーナス・トラック2曲収録
定価2,310円(税込) 解説、歌詞・対訳付

posted by SURFROCK 2008年09月26日 09:49 |

ベン・ハーパー、ジャック・ジョンソン、他、超豪華ゲスト参加作品『DOS』発売!

空間を彩るお洒落なダブ・コレクション
ジャック・ジョンソンのドラマー、アダム・トポールのサイド・プロジェクトに超豪華ゲストが参加!

newspic_080926_5.jpg

10月15日発売予定
カルバー・シティ・ダブ・コレクティブ、デビュー・アルバム
『DOS』 PCCY-80058
newspic_080926_3.jpg
定価2,310円(税込) 全13曲+ボーナス・トラック1曲収録
ボーナス映像「ノー・モア・マイ・ラヴ」PV収録 解説、歌詞、対訳付

超豪華ゲスト陣 : Ben Harper, Jack Johnson, Money Mark, Winston Jarret, Piers Faccini, Jay Malinowski(Bedouin Soundclash), David Ralicke(Beck), Merlo Podelewski(Dan The Autometer/Jack Johnson), Leon Mobley(Ben Harper), Koool G. Murder(Eels)


『DOS』とはジャマイカン・ルーツ・レゲエにアフロ・キューバン・リズムと西海岸ボッサ・ビートをブレンドしたカルバー・シティ・ダブ・コレクティブ(CCDC)のデビュー・アルバム。CCDCとはジャック・ジョンソンのドラマー、アダム・トポールと、エンジニアやギタリストとして活躍するフランコット・トーン(祖父が米巨大メディア会社MGMの創始者)のプロジェクト。二人のコネクションを駆使した超豪華ゲスト陣が集合。ベンがワイゼンボーンで、ジャックがヴォーカル&ギターで参加。他にも元ビースティ・ボーイズのマニー・マークやジャマイカン・レゲエの老舗Studio Oneよりウィンストン・ジャレット、ジャックの子分マット・コスタ、シェリル・クロウなどとの共演で知られるピアニスト・シンガー、クリス・ジョイナー、ベドウィン・サウンドクラッシュのジェイ、仏の実力派シンガー、ピアース・ファッチーニがヴォーカルを聴かせる。他にもBeckのホーン・プレイヤー、デビッド・ラリック、ダン・ジ・オートメーターやジャックのベーシストとして活躍のメルロー、ベンのイノセント・クリミナルズよりリオン、イールズのクールGマーダー他が参加。アメリカでは08年夏、ジャックと共にツアーも行った。来日公演を祈願しながら本作を聴いて欲しい。

newspic_080926_4.jpg
(左:フランコット・トーン 右:アダム・トポール)

posted by SURFROCK 2008年09月26日 10:48 |

インスペクター・クルーゾ、Fishboneからのメッセージ pt.2

"Fishbone Soldier #1"ことアンジェロ・ムーア閣下より、10月に全世界でアルバム・デビューを果たすインスペクター・クルーゾへ応援メッセージが届きました。

                  newspic_080930_1.jpg
                  アンジェロ・ムーア閣下 (photo by Tao Jones)

inspector clousaU: 南フランス出身の爆音2ピース・バンド、ギター&ボーカルのローレントと、ドラム&ボーカルのマシューなんだけど、こいつらは最高にファンキーでソウルフルなリズムを生み出すんだ。風刺的なリリックと皮肉った態度、それが奴らのファンキー・ロック・パワーの源であり、フランスを始め欧米諸国でウケている理由だ。病みつきになるグルーヴ感、そしてキャッチーなサウンドは必ずや聴く者を踊らせるパワーを持っている。 …本当だぜ。俺もいつもダンスしているよ。ビートは嘘つかないからな。

「ファック・ザ・ベース・プレイヤー」って曲のPVはみんな絶対見てくれ。小人になったノーウッド・フィッシャーにはマジ大爆笑!歯が抜けるぞ。これ見たらアルバムを買いたくなるだろう。
人気アニメ、ピンク・パンサー(*)みたいにインスペクター・クルーゾが世界を制圧するのも時間の問題だ。常にエッジで、極上のリリックとサウンドが同居する。思わずニヤッとしちまうバンドさ。

                              フィッシュボーン・ソルジャー#1 アンジェロ・ムーア

(*)ピンク・パンサーに登場するパリ警察のクルーゾ警部にちなんでアンジェロがバンド名を命名。アンジェロはバンドの事を昔からピンク・パンサーと呼んでいた。

newspic_080930_4.jpg
その「ファック・ザ・ベース・プレイヤー」PVの一コマ。左のポスターの中でベースを弾いているのが小人になったノーウッド・フィッシャー。後日こちらのPVも当サイトにてアップしますのでお楽しみに。

newspic_080930_3.jpg
(ステージで共演する Angelo and Laurent)


ノーウッドとアンジェロがゲスト参加している注目のデビュー・アルバム『ザ・インスペクター・クルーゾ』は、10月15日発売!
newspic_080930_2.jpg
PCCY-80057 全11曲+ボーナス・トラック2曲収録
「Fuck The Bass Player」PVエンハンスト収録
定価2,310円(税込) 解説、歌詞・対訳付

posted by SURFROCK 2008年09月30日 12:08 |
RSS/RDF
Back to Page Top